トラブル

ラクマに出品した商品が突然削除されたのはなぜ?

ラクマに出品した商品が、どういうわけかうまく出品できずに下書き保存になっていたり、時には突然削除されることがあったりします。

出品した商品が削除される場合、いくつかの原因が考えられます。

もしかしたら、知らずに何回も再出品することで、ペナルティが課されてしまう危険もあるので気をつけましょう。

ラクマに出品した商品が表示されない?

ラクマに出品した商品が削除されたと思ったら実はそうではなくて、うまく出品できていなかっただけだったりすることもあります。

もし出品したはずの商品が削除されたわけではなく、単純に出品できていない場合は以下の原因が考えられます。

ラクマに出品した商品が表示されないのはなぜ?

  • ラクマ側のサーバーが不安定
  • 出品が正しく完了していない
  • 商品名や説明文に禁止ワードが含まれている

上記に該当する場合、出品者さん側でできる対処法は以下のとおりです。

出品できない原因 対処法
ラクマ側のサーバーが不安定 時間を置いてから再度出品
出品が正しく完了していない 「出品完了」と表示されているかを確認
通信環境を見直して再度出品を試みる
商品名や説明文に禁止ワードが含まれている 禁止商品や禁止行為を見直して文章を書き直す

スポンサーリンク

出品した商品情報が削除される原因

削除

なんらかの原因で出品自体ができていないわけではなく、一度はラクマに出品した商品が削除される原因については、以下のようなものが挙げられます。

ラクマで出品した商品が削除される原因

  • 販売禁止商品の出品
  • 同じ商品を複数出品
  • 禁止行為

上記に該当する場合は、いずれもラクマの利用規約に違反しているのでご注意ください。

規約違反によって出品方法が削除された場合は、ラクマ事務局より削除理由が記載されたメールが届くこともあるのできちんと確認しましょう。

また、ラクマに商品を出品する際には最低限、出品禁止商品と禁止行為は把握しておいてください。

禁止商品
禁止
ラクマの利用規約で出品禁止の商品とは?

ラクマに商品を出品する前に出品禁止商品について知っておいてください。 ラクマの利用規約で定められた出品してはいけない商品というものが結構あります。 出品禁止商品とは知らずに出品してしまうと、最悪の場合 ...

禁止行為
ダメ!
ラクマの禁止行為には注意しよう!

ラクマには、利用規約で定められている禁止行為があります。 ラクマに限った話ではありませんが、やはり個人売買の場というのは取引する者同士のちょっとした認識や価値観の違いなどで思わぬトラブルが発生すること ...

ラクマでよくある出品削除の事例

ラクマ出品者さんが知らずに出品を削除されてしまう事例をいくつか挙げてみました。

出品削除でよくある事例?

  • 同じ商品を複数出品
  • 関係のないカテゴリに多数の商品を出品
  • 図書カードやクオカードなど禁止されている金券類やギフトカードの出品
  • 医薬品・コンタクトレンズの出品
  • 賞味期限が間近に迫った食品を出品
  • サンプル盤のCDやDVDを出品
  • 電子マネーおよびオンラインギフト券の出品
  • ゲームのデータなどの出品
  • 他のフリマアプリでも販売していることをアピール
  • TwitterやLINEなどの連絡手段を掲載

上記のケースは、ラクマでの出品禁止商品や禁止行為について理解しているつもりでも、知らずに違反しているユーザーさんが結構いたりします。

とくに金券類や電子マネー・オンラインギフトカードなどは、出品禁止商品だとは知らずに出品しているユーザーさんも多いですからね…。

医薬品やカラコンの出品も同様にNGです。

そして、「他のフリマアプリでも販売中です!◯◯では▼▼というニックネームで出品しています!」といった文言をプロフィールページや商品説明文に記載している人もたまに見かけますが、これも禁止行為ですからね。

規約違反が発覚した場合は、機能制限や利用停止といったペナルティが課される危険性があるのでご注意ください。

ペナルティ
ペナルティ
ラクマで機能制限・利用停止などのペナルティを受けるとどうなる?

ラクマで規約違反が発覚した場合、事務局の判断によって一部の機能制限や利用停止といったペナルティを課せられることがあります。 普通に利用していれば、まずペナルティを受けるようなことはないとは思いますが、 ...

複数件の通報で自動的に出品削除

ラクマでは、禁止行為や出品禁止商品を他のユーザーさんが見つけたら、事務局に通報できる仕組みになっています。

通報!
注意!
ラクマで悪質な出品者を通報!見つけたら事務局に問題を報告?

ラクマに限らず、残念ながらフリマアプリやオークションサイトには悪質な出品者さんが一定数いたりします。 ラクマにも利用規約で禁止されている商品や、ニセモノのブランド品を平然と出品している規約違反の出品者 ...

1件だけでなく複数のユーザーさんから通報を受けた商品は、自動的に出品削除、または下書き保存になる場合もあります。

そもそも利用規約を守って出品していれば、他のユーザーさんから通報されることもないはずです。

しかし…ラクマには、出品禁止商品や禁止行為について認識の甘い出品者さんが、わりといたりするのも実情だったりします。

出品削除で済めばまだ良いですが、あまりにも規約違反や禁止行為が目立つ場合は、他のユーザーさんからの通報もその分増えてしまうため、ペナルティの危険性も考えられます。

出品した商品が削除されたらどうする?

もし自分が出品している商品が削除されてしまったら、再度、ラクマの出品禁止商品や禁止行為を見直しましょう。

出品している商品自体には何も問題がなくても、説明文やプロフィールページに記載している文言が禁止行為に該当する可能性も考えられます。

また、他のユーザーさんから通報されるようなことをしていないか?

よく考えて自分の行動を見直すことが重要です。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-トラブル