トラブル

ラクマで禁止されている直接取引とは?

ラクマではさまざまな禁止行為が利用規約によって規定されています。

そんな禁止行為の中でもトラブルが起こりやすいということで、もっとも重大な違反行為とされているのが直接取引と呼ばれる方法です。

常識の範囲でラクマを利用しているのであれば、直接取引に関わることはほとんどないかと思いますが、中には直接取引を持ちかけてくる詐欺師みたいな出品者さんも残念ながらいたりします。

ラクマを利用していても、実際に直接取引に遭遇する機会は少ないせいか、よくわかっていないユーザーさんも多いようです。

何もわかっていない無知な状態で、悪い出品者さんから直接取引を持ちかけられて思わず誘いに乗ってしまった…なんてことが起こらないためにも必要な知識は身につけておいてくださいね。

ラクマで持ちかけられる直接取引の方法とは?

直接取引

直接取引とは、ラクマの決済方法以外で商品代金を出品者さんと購入者さんが直接やり取りする取引のことを言います。

具体期な直接取引の方法をいくつか挙げてみると、主に以下のようなものがあります。

ラクマで使われる直接取引の方法

  • 相手の銀行口座に直接購入金額を振り込む方法
  • 代引きを使った決済方法
  • 現金書留で商品代金を出品者さんに送金する方法
  • 商品を手渡しで取引する際に直接出品者さんに代金を支払う行為
    (手渡し自体は違反ではない)

上記は、いずれもラクマの決済方法を使わずに商品代金を出品者さんに直接支払う行為です。

ラクマの仕組みは出品者さんと購入者さんの金銭的なやり取りを事務局が仲介することで、ユーザー間の金銭トラブルを回避するように設計されています。

直接取引が行われてしまうとラクマ事務局は取引に介入しないため、出品者さんと購入者さんの間に金銭トラブルが発生しても一切のサポートはできないということです。

そういった理由もあって、ラクマでの直接取引は危険です。

スポンサーリンク

ラクマの決済方法以外での支払いを求められたら危険!

ラクマに限らず、フリマアプリでの取引で直接取引を求めてくる出品者さんが使う手口には、主に以下のようなものがあります。

直接取引を持ちかける手口

  1. 取引メッセージやコメントなどでメール・LINE・Twitterなどを公開して外部に誘導
  2. ラクマの外部で取引を行うことで得られるメリットを提案してくる
  3. 商品代金の支払いには出品者さんの口座や現金書留・代引きなどを利用

直接取引を持ちかける出品者さんは、コメントなどでTwitter・LINEといったSNSのIDを聞いてくることも多いようです。

相手A
LINEとかTwitterとかやってますか?

↑こんな感じですね。

SNSのIDを聞きだしたら、ラクマの外部で商品の取引を誘導する場合がほとんどだったりします。

また、値下げ交渉や専用出品の際に直接取引を持ちかけられるケースもあるので気をつけましょう。

たとえば、こんな感じですね?↓

相手B
LINEかTwitterのIDを教えていただけたら値下げ可能ですよ!

またはこんな事例も?↓

相手A
専用出品はできませんが、TwitterのDMかLINEでしたら他の方に購入される心配はありませんが、いかがでしょうか?

その場合はお値引きできます!

単にラクマの決済方法を使わずに直接取引を提案されただけでしたら、面倒臭いこともあって断る場合も多いと思いますが、同時に「値下げできます!」と提案されたら思わず話に乗ってしまう人も中にはいたりするみたいです。

また、以前ラクマでの禁止行為として取り上げた「探しものや宣伝ページ」も、実は直接取引を持ちかけるための釣りだったりすることもあるので気をつけてくださいね。

直接取引が発覚した場合はアカウント停止?

ラクマの公式ガイドでは、直接取引が発覚した場合、即刻アカウントを停止すると記載されています。

直接取引や外部誘導が発覚した場合は、即刻アカウントを停止させていただきます。

引用元URL:https://faq.fril.jp/c2q8/

また、直接取引によって発生したトラブルについてのお問い合わせは、ラクマ運営事務局では一切受け付けないとのことです。

なので、出品者さんとのトラブルが発生した際にラクマ事務局に以下のような問い合わせをしても、サポート等は一切してもらえません。

「出品者さんの銀行口座に商品代金◯万円を直接支払ったのですが、2週間経ってもまだ商品が届きません。キャンセルしてください!」

「代引で◯◯(オーダーID:●●●●●●)を購入しましたが、大量の紙クズが入ったダンボールが届きました。返品を希望していますが、出品者さんと連絡が取れなくて困っています。何とかしてください!!」

↑こんなメールをラクマ事務局に送っても、直接取引は重大な違反行為なので一切取り合ってはくれません。

直接取引が発覚した場合は、出品者さんだけでなく購入者さんにもペナルティを課せられる可能性があるので十分に気をつけてくださいね。

直接取引を頼まれたときの対処法

もしラクマで直接取引を頼まれた場合は、アカウント停止にならないためにも断る必要があります。

直接取引の断り方については、できれば規約違反だからといってガツン!とストレートな言葉で「直接取引は規約違反なので応じることはできません!」とハッキリ断ることも可能ですが、「せっかくご提案いただいたのに申し訳ありませんが、そのようなお取引に応じることはできません。」といった感じで、物腰柔らかに伝えたほうが下手に相手を刺激しなくて効果的な場合もあります。

直接取引を断ったあとは、今後その人と取引したくないのであれば、こっそりブロックするのもありでしょう。

たまに感情的になって「直接取引は規約違反なので、あなたをブロックしました!」とわざわざコメントに返信する人がいますが、常識のないユーザーさんを下手に刺激すると後々面倒なことになる可能性もあるので、こっそりブロックしたほうが良いでしょう。

ブロック
ラクマで取引したくないユーザーはブロックしよう!

ラクマでひと通り取引経験を積んで、それなりに長く利用しているといろいろなユーザーさんに遭遇します。 人間なので価値観は人それぞれなのですが、中には少しやり取りしてみて嫌だな~と感じる人もいるかも知れま ...

また、直接取引の勧誘があまりにもしつこかったり、明らかに悪質だと判断した場合は、ラクマ事務局に通報することもできます。

ラクマ事務局への問題の報告については、以下の記事でくわしく触れているので参考にしてみてください。

注意!
ラクマで悪質な出品者を通報!見つけたら事務局に問題を報告?

ラクマに限らず、残念ながらフリマアプリやオークションサイトには悪質な出品者さんが一定数いたりします。 ラクマにも利用規約で禁止されている商品や、ニセモノのブランド品を平然と出品している規約違反の出品者 ...

最後に直接取引を依頼されたときの対処法についてまとめると以下のとおりです。

ラクマで直接取引を持ちかけられたら?

  • 直接取引は禁止行為なので断ること!
  • 直接取引を持ちかけてきたユーザーさんと今後一切の取引をしない場合はブロック
  • あまりにもしつこかったり、悪質なユーザーの場合はラクマ事務局に通報

以上、ラクマでの直接取引についてお届けしました。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-トラブル