トラブル

フリマアプリでジャンク品は売れるけどトラブルが起きやすい?

投稿日:

ラクマに限らず、フリマアプリやオークションサイトなど個人売買の場では、ジャンク品と呼ばれる商品が多数出品されています。

ジャンク品というのは、故障していたり、動作確認ができておらず、現状で使えるかどうかわからないような状態のものを言います。

一見、「誰がそんな故障品を買うのだろうか?」と思ってしまいますが、実はフリマアプリやオークションサイトでもジャンク品が売れているのは事実です。

故障している家電製品やゲーム機、カメラ、パソコン、タブレット端末、スマホなどが比較的売れているようですけどね。

ハードオフなどのリサイクルショップにもジャンク品コーナーが設置されていたりもするので、壊れていても買う人が一定数いるということです。

ジャンク品の出品はクレームにつながりやすい

ジャンク品

とくにラクマやメルカリといったフリマアプリでは、ジャンク品を販売するとクレームにつながりやすい傾向にあります。

商品名や説明文にしっかりと「ジャンク品」もしくは「動作未確認ジャンク扱い」「壊れています」「動きません」「故障品」といった記載があっても、的外れな質問をしてきたり、購入後に「壊れているので返金したい」と申し出てくるユーザーさんもいたりします。

なぜジャンク品の出品がクレームにつながりやすいかというと、主な理由は以下の2つです。

フリマアプリでジャンク品がクレームにつながる理由
  • そもそも購入者さんがジャンク品という言葉の意味を理解していない
  • 商品名や説明文をよく読まず、価格が安いだけで購入する人がいる

中にはジャンク品の意味はわかっているけど、勘違いや見落としで購入してしまうというミスもありますが、そういった場合はクレームというよりは、自分のミスを認めたうえで丁寧に取引キャンセルを依頼してくるユーザーさんがほとんどなので、上記とはまた少し違います。

しかし、ジャンク品を購入したユーザーさんからクレームがあると、その対応に時間とエネルギーを奪われてしまうので、できればトラブルは避けたいものですよね?

ジャンク品の意味を理解していないフリマアプリの購入者

ラクマやメルカリの利用者の中には、そもそもジャンク品というのがどのような状態を表すのかをまったく理解していないユーザーさんも一定数いるようです。

もしかしたら、展示品とかサンプル品程度の認識で、「ジャンク品は動作には問題ない」と誤認識している人もいるかも知れませんね?

当然ですが、ジャンク品という言葉の意味がわからないまま上記のように誤認識している人に商品を購入されてしまうと、「動かない」「壊れている」などの理由で購入後のキャンセルを要請してくるリスクが高くなります。

お互いの認識のズレがあるといいますか…相容れない主張をしてくる相手とのやり取りは不毛だし、無駄に時間とエネルギーを消費しますよね?

ラクマに出品されているジャンク品

ラクマに出品されているジャンク品

説明文を読まずにジャンク品を購入する人

フリマアプリに限らず、商品説明文をまったくといっていいほど読まずに購入する人がいたりしますが、こういうタイプの購入者さんがジャンク品を購入するとトラブル発生につながります。

出品者さんとしては、商品名や説明文にきちんとその商品がジャンク品であることを明記していても、そもそも文章を一切読まない人には通用しないということです。

こればかりは自分ではどうにもできません。

ラクマやメルカリでもよく「プロフ必読!」とか「説明文を読んでください!」といった文言を記載しているユーザーさんがいたりしますが、それすらも読まずに購入されてしまうと当然、トラブルに発展する可能性も高くなりますよね?

ラクマでは出品時に購入申請の設定ができるため、ある程度は購入者さんを選別することが可能ですが、それはあくまで相手の評価やプロフィールの事前確認程度の話で、その人が文章を読んで理解したうえで購入申請しているかどうかまでは判断が難しいということです。

自分ではどうにもできないので、仕方がないといえばその通りなんですけど・・・。

クレーム対応は本当に大変!

出品者さん側が出品時にその商品がジャンク品であることをきちんと記載していても、購入者さん側の認識やリテラシーが低いとクレームにつながります。

ジャンク品へのクレーム対応としては、一旦、購入者さんに商品を返品してもらってからラクマ事務局に取引キャンセルを申請するのが一般的です。

しかし、ここでも厄介なことが起こるわけです。

そもそも言葉の意味を理解しようとする姿勢が皆無だったり、説明文を一切読まない人というのは、ラクマの利用規約についても同様で、まったくわかっていないケースがほとんどだったりします。

その結果、以下のような行動に出てさらにトラブルが大きくなる可能性も考えられます。

  • 取引メッセージではなく、いきなり悪い評価をつけてきてコメントに「壊れていた」「だまされた」と書き込む
  • 受取評価完了後に返金を要請してくる
  • 取引キャンセルには同意したけど、その後、商品を返送してこない
  • 明らかに購入者側の都合によるキャンセルなのに返送にかかる送料を負担しようとしない
  • 感情的なメッセージを一方的に送ってくるだけで冷静な話し合いができない

さらに厄介なことは、ラクマ事務局にキャンセルを申請しても対応が遅く、その間にも購入者さん側から返金を催促されたりします。

対応が遅い
ラクマ事務局のメール返信や問い合わせの対応は遅い

ラクマに限らず、フリマアプリでの取引は何かとトラブルが発生したりするもので、事務局に問い合わせのメールを送信することもあるかと思います。 利用規約にもきちんと何かあった場合は、事務局まで問い合わせるよ ...

私も過去にジャンク品を販売したわけではありませんが、リテラシーの著しく低い購入者さんの対応で苦労した経験があります。

せっかく相手の合意を得て、ラクマ事務局に取引キャンセルの申請をしたのに、事務局側の対応が遅いため、何度も購入者さんから理不尽な要求をされましたね…。

わずかな利益を得るために、ここまで大変な思いをするのは嫌ですね…

ジャンク品を売るのに安心・安全でもっともかんたんな方法とは?

ラクマでジャンク品が売れるのは事実ですが、出品者さん側ではどうにもできない部分で思わぬトラブルが発生する危険性もあることについてはご理解いただけたと思います。

では、そういった面倒なトラブルが発生することもなく、安心してジャンク品をお金に換えるにはどうしたら良いのでしょうか?

たしかに若年層が主なユーザーであるフリマアプリより年配者も多く利用しているヤフオクだったら、トラブルに遭遇する可能性も多少は低くなるかも知れません。

しかし、商品画像を撮影したり、商品の状態などについてくわしい説明文を入力したり、売れたら売れたで梱包・発送作業までして大した利益にならないのであれば、効率的とは言えませんよね?

だからといって、捨てるというのも…といった感じではないでしょうか。

フリマアプリからオークションへと出品先を変えたとしても、また別の問題が出てくるわけなんですが・・・

便利なジャンク品買取サービスを利用すれば、フリマアプリのようなトラブルの心配も不要ですし、無駄に時間やエネルギーを消耗することもありません!

買い取ってもらうまでの手順も、フリマアプリやオークションに出品するよりはかんたんです。

梱包用のダンボールを用意してくれて、送料も業者さんが負担してくれるサービスもありますしね。

故障品の買取業者を厳選!




世の中にはたくさんの買取業者さんがありますが、壊れているジャンク品は買取不可という業者さんも実際は多いです。

どの買取サービスを利用するかについては以下を基準に判断すると良いでしょう。

  • 買い取り対象となる条件
  • 送料を負担してくれるかどうか?
  • 梱包に必要なダンボールなどを用意してくれるか?
  • 査定は無料かどうか?
  • 壊れているジャンク品でも買い取ってくれるか?
  • 買取が成立してから入金されるまでの期間
  • 特定の専門分野に特化しているかどうか?(価値がわかっている)

こういった買取業者さんのサービスを利用する際に、ほとんどの人は「どこで売れば高値で買い取ってくれるか?」ばかりを重視してしまう傾向にありますが、本当に重要なのはそれだけではないということです。

とくにジャンク品の場合は、高値で売ることよりも効率的に処分できるかどうかのほうが大事だったりしますからね。

いかに手間や労力をかけずに、できるだけ早くジャンク品をお金に換えることができるかを意識してみると良いでしょう。

では、ジャンク品でも買い取ってくれるという買取業者さんをいくつかピックアップしてみますね。

壊れたパソコンの買取

壊れたパソコンを処分する場合、とくにデスクトップパソコンは重量もあって結構大変なんですよね?

また、ノートパソコンは数年ごとに買い替えたりする人も多く、自宅に使わなくなったものがそのまま放置されているケースも多いようです。

もし自宅に眠ったまま放置されているパソコンがあるようでしたら、壊れていても買い取ってくれる買取業者さんを利用しましょう!

部屋もスッキリしますしね。

壊れたスマホ・タブレット端末の買取

スマホ落下で故障(ジャンク品)

ジャンク品のスマホはラクマやメルカリでも多数出品されていますよね?

フリマアプリに出品されているジャンク品のスマホは、画面割れやボタンが利かないといった状態も多いようですが、説明文だけではわかり難い故障や不具合もあったりするものです。

フリマアプリのユーザーさんに細かいことを説明してもなかなか伝わらなかったりもしますし…さらにそれがトラブルにつながるケースもありますが、専門の買取業者さんでしたらきちんとした知識もあるので心配は要りません。

ただし、当然ですが、ジャンク品の買取は完動品の買取価格よりも安くなります。

また、故障具合によっては買取不可の場合もあるようなので、事前に各サイトをよく確認してから申し込んでくださいね。

ジャンク品のカメラ買取

カメラには熱狂的なマニアの人もいたりするので、それなりにジャンク品の需要はあります。

とくにすでに生産終了となっているカメラの部品は、一部の人たちの間では需要があるようです。



もし自宅に使っていない壊れたカメラが眠っていたら、フリマアプリに出品するよりもしっかりとした専門知識をもった買取業者さんに買い取ってもたったほうが安心です。

壊れたブルーレイレコーダーが売れる!?

壊れているジャンク品でも買い取ってくれるサービスがあるということは、ご理解いただけたと思います。

様々な専門分野ごとに特化した買取サービスをいくつかご紹介しましたが、中にはジャンク品のブルーレイレコーダーを専門に扱っている珍しい業者さんもあったりします。



壊れたブルーレイレコーダーって売れるんですよね…。

専門分野だからこそ高価買取が実現できるのかも知れません。

こういった精密機器ほど、ジャンク品をフリマアプリに出品すると思わぬトラブルに発展しやすいので、買取サービスを利用するのが安全だったりします。

買取サービスの利用方法




壊れてしまったジャンク品の買取サービスの利用方法は、ご自身で各サイトをご確認ください。

ほとんどの場合、買取サイトの公式サイトを開くと説明が記載されていると思います。

だいたい以下の手順で買取依頼が可能なケースが多いようです。

  1. 買取サービスのサイト内に設置された依頼フォームを入力後、送信
  2. 梱包キット(ダンボールや伝票など)が送られてくる
  3. 買い取ってもらうものを梱包して発送
    ※送料は業者さんが負担してくれる場合が多い
  4. 査定を待つ
  5. 査定結果に納得できたら買取を依頼
  6. 買取成立後、指定の銀行口座に入金

もちろん、すべての買取業者さんが上記の流れに従っているとは限りませんが、だいたいの目安として参考にしてください。

実際に買取サービスを利用してみると、わざわざ商品画像を撮ったり、説明文を入力してフリマアプリに出品するよりも楽だし、煩わしいやり取りからも解放されて快適です。

コメントの返信や値下げ交渉への対応もありませんからね。

基本的にジャンク品は、余程のことがない限り、フリマアプリに出品したところで高値で売れることはないと考えて良いでしょう。

だったら、買取業者さんにお願いしたほうが、無駄な時間やエネルギーを消耗せずに済むし、トラブルの心配も不要なので安心です。

とくに断捨離目的の場合は、効率を重視する必要がありますからね。

↑SNSで共有・拡散↑

上記の各SNSボタンでこの記事を友達にシェア&拡散!

ブログランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ 

ピックアップ記事とPR

人気の記事

ラクマ(旧フリル)の招待コード【a3g1g】入力で100ポイントGET! 1

ラクマの招待コードについては、2018年2月26日以前の旧フリル時代に一度触れていますが・・・ 今回は、もう少し掘り下げた内容をお届けします。 ※この記事は旧ラクマではなく、2018年2月26日から一 ...

楽天銀行の口座開設 2

楽天銀行といえば、ネット通販サイトの最大手でもある株式会社楽天が提供するネットバンクですよね? 何かしら楽天グループが提供するサービスを利用している人であれば、楽天銀行の口座を持っていると便利だという ...

ポイント 3

インターネットで買い物する人は年々増えていると言われています。 最近では、フリマアプリもそうですが、スマホの普及で誰でもかんたんにほしいものが買える世の中になりましたよね? 楽天市場や楽天ブックス、楽 ...

クレジットカード申し込み 4

楽天カードといえば、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなど…楽天グループのサービスを利用する人であれば、使用頻度が高いクレジットカードのひとつではないでしょうか? 主婦やOL、学生にも人気のクレジッ ...

買い物 5

ラクマを利用するうえで、楽天会員IDを取得しておくと何かと便利だったりします。 また、ラクマの運営会社ファブリックの親会社は楽天ということもあって、楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなどの楽天グルー ...

商品を出品する 6

ラクマの強みといえば、メルカリをはじめとする他のフリマアプリとの大きな違いでもある「販売手数料無料」ですよね? (※2018年6月4日10時以降は販売手数料3.5%に改定) メルカリの販売手数料は商品 ...

お金 7

ラクマでは、購入した商品の代金を支払う際に複数の支払い方法が選択できるようになっています。 それぞれの支払い方法には、商品代金とは別に決済手数料が100円ほど発生するものもあるので注意が必要です。 ラ ...

登録 8

ラクマは誰でもスマホがあれば無料で利用できますが、商品の購入・出品の際には会員登録が必要となります。 今回は、ラクマのいくつか用意されている無料登録のやり方について触れておこうと思います。 ラクマをは ...

スマホ女子 9

楽天の子会社ファブリックが運営するフリマアプリ「ラクマ」ですが、iOSおよびandroidが搭載されたスマートフォンがあれば、誰でもかんたんにダウンロード&インストールして利用可能です。 類似したサー ...

商品の購入方法(買い方) 10

ラクマはフリーマケットのアプリ版ということもあって、スマホひとつで誰でも比較的かんたんに買い物ができてしまいます。 そこには、フリマならではの値下げ交渉や出品者さんとのコメントでやり取りなど、楽天市場 ...

-トラブル

Copyright© ラクマ+フリル=新ラクマ? , 2018 All Rights Reserved.