ラクマの話

ラクマの仕組みはこうなっている!

投稿日:2018年2月6日 更新日:

はじめてフリマアプリを利用する初心者さんの多くは、いくら不用品の売買とはいっても、会ったこともなければ見たこともないまったくの赤の他人様と個人間で商品や金銭のやりとりをすることに対して、少なからず不安を抱くものではないかと思います。

たとえば、こんな気持ちを抱いたりする人もいるかも知れませんね?↓

  • 商品を送ったのにお金が支払われなかったらどうしよう・・・。
  • お金を支払ったのにいつまで経っても商品が送られて来ないなんて詐欺みたいなこともあるんじゃないの?
  • 個人間の取引って揉め事とかありそうで不安・・・。

ラクマに限らず、すでにフリマアプリを利用したことがある人に言わせれば、大昔のオークションサイトみたいに個人間での直接的な金銭のやり取りなんてフリマアプリでは必要ないし、購入して支払いを済ませれば商品は普通に届くので、そんな心配はいらないなんて声も聞こえてきそうですが・・・

やはり、まだフリマアプリに慣れ親しんでいない初心者さんにとっては不安はつきものですよね?

この記事をお読みいただくことで、まずはラクマの仕組みについて理解を深め、多くのフリマアプリ初心者さんが抱いている不安を少しでも払拭できたらなと思っています。

では、要所要所に図解を交えてラクマの仕組みについて解説していきますね。

ラクマでは出品者と購入者が直接金銭のやり取りをしない仕組みになっている

先ほど商品を購入する際、代金を支払っても発送されずにお金だけ取られないか不安…という話にも少し触れましたが、原則としてラクマでは商品を売る人(出品者)が買う人(購入者)に対して直接、購入代金を振り込んでもらうために銀行口座を教えるようなことはしません。

昔のヤフーオークションなどでは、購入者さんが商品代金を出品者さんの銀行口座に直接振り込んで、振込みが確認できたら出品者さんは発送するといった工程でしたが、この場合、やはりお金を振り込んだのに商品が届かないというトラブルが発生していろいろと問題になりました。

その後、ヤフーオークションも本人確認の徹底化やそういった問題に対して取り締まりを強化しています。

以上を踏まえて、ラクマをはじめとするほとんどのフリマアプリでは、基本的に個人間で振込先銀行口座を教えて直接金銭のやり取りを行うようなシステムは採用していません。

ラクマでは出品者さんが購入者さんに自分の銀行口座を教えて、直接商品の購入代金を入金してもらう行為はありえないということです。(直取引は規約違反です)

では、どのような仕組みで個人売買が成立するのかというと・・・

まず購入者さんは商品を購入する際、ネットショップで買い物をする感覚で普通に決済します。

ラクマでの支払い方法は、以下のようにいろいろと用意されています。

ラクマの決済方法

  • コンビニ
  • 郵便局/銀行ATM
  • クレジットカード
  • 楽天ペイ
  • dケータイ払いプラス
  • Paidy
  • ポイント/売上金
ラクマでは購入者さんが商品代金の支払いを完了したら、事務局から出品者さんに支払い完了の通知が届くようになっています。

出品者さんはラクマ事務局から届いた支払い完了の通知を確認後、購入者さんのお届け先住所に商品を発送するだけです。

次に出品者さんによって発送された商品を購入者さんが受け取ったら、中身を確認して受取評価をします。

そして、購入者さんが受取評価を完了したら、最後に出品者さんが購入者さんを評価をして取引は終了です。

取引終了時点ではじめて購入者さんの支払った商品代金が出品者さんのアカウントに反映されます。

これだったら、お金を支払ったのに商品が送られて来なかったり、商品を発送したのに購入代金が支払われないといった心配もないですよね?

このようにラクマでは出品者さんと購入者さんの金銭のやり取りは事務局が仲介するという仕組みになっています。

ラクマでの個人売買の仕組みが一目でわかるように図説するとこんな感じ↓

手順は以下のとおりです。

  1. 購入者さんが商品を購入後、支払いを完了
  2. 出品者さんが支払い完了の通知を確認したら商品を発送
  3. 購入者さんが商品を受け取ったら中身を確認して受取評価
  4. 出品者さんが購入者さんを評価して取引終了
  5. 出品者さんの残高に売上金が反映

もし、届いた商品に問題があったり、支払いは完了しているのにいつまで経っても商品が届かない場合は、受取評価をしなければ相手にお金が入ることはありません。

購入した商品に何か問題があった場合は、取引を仲介しているラクマ事務局にその件について問い合わせれば、取引キャンセルになって後日、支払った商品代金は購入者さんに返金されるといった対処もしてくれます。

また、先ほど支払い方法の説明でも触れたとおり、ラクマでの商品購入は売上金やポイントでも可能です。

メルカリをはじめとするその他のフリマアプリと同様に、ラクマも自分が販売した商品の売上金を使って、ほしいものを購入する際に支払いができたり、友達を招待して得たポイントを有効活用できる仕組みになっています。

スポンサーリンク

ラクマって販売手数料無料なのに運営会社は儲かるの?

※2018年6月4日10時以降、ラクマの販売手数料は3.5%に改定

参考ラクマの販売手数料が3.5%に改定

※以下の文章はラクマの販売手数料が無料だった頃に書かれたものです。

メルカリとは違って、ラクマの場合は販売手数料が無料なので、運営会社はどうやって利益を得ているのかが一見、わかり難いようです。(※メルカリの販売手数料は商品販売価格の10%)

TwitterやFacebookといったSNSのように他社から広告を出稿してもらって対価を得ているようにも見えませんし、ラクマの収益について不思議に思う人もわりと多いのではないでしょうか?

具体的にどのような仕組みでラクマが収益をあげているのか詳しく公表はされていませんが、運営会社はネット通販の大手企業として知られる天下の楽天なので、潤沢な資金をもっていることは容易に想像できます。

ラクマが販売手数料無料でも事業を継続していけるのは、たしかに楽天の他の事業で十分に収益があるからという理由もあるかも知れません。

また、ユーザーさんには楽天が提供している他のサービスをラクマと連携して利用してもらうことが目的という見方もできますね?

たとえばラクマでは、売上金の振込先銀行口座に楽天銀行を指定しておくと一部振込手数料が無料になったり、楽天会員IDとラクマのアカウントを連携することでさらに使いやすくなったり…といった感じで株式会社楽天が提供するほかのサービスをラクマユーザーさんに利用してもらための工夫がところどころに施されています。

この辺についてはどのような仕組みになっているのか正確にはわかりませんが、ビジネスなのでどこかに何かしらのキャッシュポイントや狙いはあるはずです。

…ということで、あまり複雑なことを考えても仕方ないので、純粋にフリマ=個人売買の場として利用するならラクマの仕組みについてはザックリと以下の3点を押さえておけば、とりあえずはOKではないでしょうか?

  1. ラクマでの金銭のやり取りの仕組み
  2. 販売手数料無料はラクマを運営する株式会社楽天の潤沢な資金の影響が大きいこと
  3. ラクマは楽天が提供する他のサービスと併用すると便利

ひとりのユーザーとしてラクマで商品を購入したり、不用品を出品する分には、運営会社の資金力やキャッシュポイントについて詳しく知る必要もないかなと…。

サービスの概要を理解できたら、実際にラクマのフリマアプリをお手持ちのスマホにインストールして使ってみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

↑SNSで共有・拡散↑

上記の各SNSボタンでこの記事を友達にシェア&拡散!

ブログランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ 

ピックアップ記事とPR

人気の記事

ラクマ(旧フリル)の招待コード【a3g1g】入力で100ポイントGET! 1

ラクマの招待コードについては、2018年2月26日以前の旧フリル時代に一度触れていますが・・・ 今回は、もう少し掘り下げた内容をお届けします。 ※この記事は旧ラクマではなく、2018年2月26日から一 ...

楽天銀行の口座開設 2

楽天銀行といえば、ネット通販サイトの最大手でもある株式会社楽天が提供するネットバンクですよね? 何かしら楽天グループが提供するサービスを利用している人であれば、楽天銀行の口座を持っていると便利だという ...

ポイント 3

インターネットで買い物する人は年々増えていると言われています。 最近では、フリマアプリもそうですが、スマホの普及で誰でもかんたんにほしいものが買える世の中になりましたよね? 楽天市場や楽天ブックス、楽 ...

クレジットカード申し込み 4

楽天カードといえば、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなど…楽天グループのサービスを利用する人であれば、使用頻度が高いクレジットカードのひとつではないでしょうか? 主婦やOL、学生にも人気のクレジッ ...

買い物 5

ラクマを利用するうえで、楽天会員IDを取得しておくと何かと便利だったりします。 また、ラクマの運営会社ファブリックの親会社は楽天ということもあって、楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなどの楽天グルー ...

商品を出品する 6

ラクマの強みといえば、メルカリをはじめとする他のフリマアプリとの大きな違いでもある「販売手数料無料」ですよね? (※2018年6月4日10時以降は販売手数料3.5%に改定) メルカリの販売手数料は商品 ...

お金 7

ラクマでは、購入した商品の代金を支払う際に複数の支払い方法が選択できるようになっています。 それぞれの支払い方法には、商品代金とは別に決済手数料が100円ほど発生するものもあるので注意が必要です。 ラ ...

登録 8

ラクマは誰でもスマホがあれば無料で利用できますが、商品の購入・出品の際には会員登録が必要となります。 今回は、ラクマのいくつか用意されている無料登録のやり方について触れておこうと思います。 ラクマをは ...

スマホ女子 9

楽天の子会社ファブリックが運営するフリマアプリ「ラクマ」ですが、iOSおよびandroidが搭載されたスマートフォンがあれば、誰でもかんたんにダウンロード&インストールして利用可能です。 類似したサー ...

商品の購入方法(買い方) 10

ラクマはフリーマケットのアプリ版ということもあって、スマホひとつで誰でも比較的かんたんに買い物ができてしまいます。 そこには、フリマならではの値下げ交渉や出品者さんとのコメントでやり取りなど、楽天市場 ...

-ラクマの話

Copyright© ラクマ+フリル=新ラクマ? , 2018 All Rights Reserved.