購入方法(買い方)

ラクマの「すぐに購入可」と「購入申請」の違い

2018年3月8日

ラクマに出品されている商品には、すぐに購入できるものと購入申請が必要なものがあります。

ラクマの場合、メルカリなど他のフリマアプリとは商品の購入方法が少し違います。

ラクマは、メルカリのように購入ボタンをタップしてしまえば、何でも早い者勝ちで購入できるわけではありません。

もちろん、購入ボタンをタップしてすぐに購入手続き可能な商品(すぐに購入可)もありますが、そうでないもの(購入申請)もあるということです。

ラクマの購入方法
すぐに購入可 「購入する」をタップすれば即購入手続き開始
購入申請 「購入する」をタップして購入申請後、出品者側が承認すれば購入手続き開始

この記事ではラクマで商品を購入する際の「すぐに購入可」と「購入申請」の違いについて解説します。

また「すぐに購入可」と記載されている商品であっても、ラクマの場合、出品者さんによってはコメントが必要になることもあるので、その辺についても触れていきます。

ラクマで即購入可能な商品を見分けるには?

冒頭でも触れたとおり、ラクマには出品者さんが提示した価格や条件ですぐに購入できる商品と、そうでないものがあります。

ラクマですぐに購入できる商品には、以下のように「すぐに購入可」と表示されています。

ラクマで「すぐに購入可」と表示されている商品

すぐに購入可

上記のように「すぐに購入可」と表示されている商品は「購入に進む」をタップすれば、購入手続き開始となります。

ラクマで購入に進む

商品に対する質問もなく、値下げ交渉せずに販売価格ですぐに購入したい場合は、「すぐに購入可」と表示されている商品を選べばOKです。

スポンサーリンク

すぐに購入可でもコメントが必要?

一応ラクマのマナーとして、商品を購入する際には商品ページのコメント欄や出品者さんのプロフィールを確認する必要があります。

ラクマでは「すぐに購入可」の商品でも、出品者さんのプロフィールには「ご購入の際にはコメントをお願いします。」といった文言が記載されているケースも結構あります。

購入前に出品者さんのプロフィールを確認せずに即購入したからといって、ペナルティを課されることはありませんが、購入時のコメント必須をプロフィール文に記載している出品者さんにとってはマナー違反だと思われてしまうのでご注意ください。

「そんなの出品者側のマイルールに過ぎないじゃないか!」という意見もあると思いますが、購入前に出品者さんのプロフィールや商品ページのコメントを確認するだけでトラブルを未然に防ぐことができるなら、いちいち気にせず、マナーを守ったほうが良いでしょう。

「すぐに購入可」がない場合は即購入できない?

ラクマでは即購入できる商品のみ「すぐに購入可」と表示されています。

商品によっては「すぐに購入可」の記載がないものもあります。

ラクマで「すぐに購入可」がない商品

「すぐに購入可」がない

この「すぐに購入可」が表示されていない商品に限っては、「購入に進む」をタップしても購入手続きには進めません。

ラクマで購入に進む

「すぐに購入可」がないものが、後ほど解説する購入申請ありの商品です。

スポンサーリンク

ラクマで購入申請が必要な商品

ラクマで購入申請が必要な商品には、「すぐに購入可」が表示されていません。

「すぐに購入可」が表示されていない商品を購入するには、出品者さん側が購入申請を承認する必要があります。

購入申請が必要な商品で「購入に進む」をタップすると購入申請できます。

購入申請すると、出品者さん側に通知される仕組みです。

通知を確認した出品者さんは、購入申請を承認するか却下するかを決めます。

無事に購入申請が承認されれば、期日までに購入手続きを完了して商品を購入できるというわけです。

購入申請が却下された場合は、商品の購入はできません。

再度、購入申請することも可能ですが、出品者さん側が購入者さんのプロフィールや評価を見て何らかの理由があって却下したのであれば、承認される可能性は低いかも知れません。

ラクマでの購入申請のやり方

ラクマでの購入申請のやり方は以下の手順で行います。

購入申請の流れ

  • 商品ページで「購入に進む」をタップ
  • 商品の購入申請画面が表示されたら「購入申請する」をタップ
  • 購入申請完了

step
1
購入に進む

まずは「すぐに購入可」が表示されていない商品ページで「購入に進む」をタップします。

ラクマで購入に進む

step
2
商品の購入申請

商品の購入申請画面が表示されるので、画面下にある「購入申請する」をタップしましょう。

ラクマで購入申請する

商品の購入申請画面の内容を確認後、「購入申請する」をタップすれば申請は完了です。

step
3
購入申請完了後

購入申請が完了したら、あとは申請が承認されるか却下されるか結果を待つだけです。

スポンサーリンク

購入申請が承認されるとどうなる?

ラクマでは、商品の購入申請が承認されるとお知らせの「取引」に以下のような通知が届きます。

ラクマで商品の購入申請が承認されたときに届く通知

◯◯(出品者)さんから「●●(商品名)」の購入申請が承認されました。期限までに商品代金をお支払いください。[●/● 23:59まで]

上記のお知らせが届いたら、商品ページより購入手続きができるようになります。

購入申請がキャンセルされた

ラクマで購入申請がキャンセルされた場合は以下のように通知されます。

ラクマで購入申請がキャンセルされた時に届く通知

「●●(商品名)」の購入申請はキャンセルされました。

購入申請したその日から翌日の23:59までがタイムリミットです。

期限を過ぎても購入申請が承認されなかった場合は自動的にキャンセルとなります。

なぜラクマでは購入申請しないと買えない商品があるのか?

購入申請?

ラクマの他にもフリマアプリは数多くありますが、そのほとんどが出品者さん側で購入者さんを選べない仕様となっているのが現状です。

たとえば、メルカリの場合でいえば、商品ページのコメント欄で「購入希望!」と名乗り出た人がいたとしても、実際はまったく違う人に購入されてしまうことが多々あります。

値下げ交渉も成立して、あとは購入手続きといった段階で、実際には横から割り込んできた別の第三者が値引き価格で購入…みたいな悔しい経験をされたユーザーさんも結構いるのではないでしょうか?

上記の例のように出品者さんはまったく意図しない相手に商品を購入された場合でも、メルカリのルール上、取引を進めなければいけません。

何だか腑に落ちない話だと思うかも知れませんが、メルカリの利用規約上、それは仕方がないことですよね?

それに対して、ラクマの場合は、出品者さんが商品を出品する段階であらかじめ「購入申請あり」に設定しておくだけで、意図しない相手にいきなり購入されずに済むというわけです。

たとえば、評価が著しく低いユーザーさんから購入申請が入ったとしても、ラクマでは出品者さん側で申請を却下すればその人と取引しなくてもOKだったりします。

もちろん完璧とまではいきませんが、購入申請によって出品者さん側はある程度、取引する相手を見定めることができるということです。

あらかじめ出品者さん側で取引相手を選別できれば、ユーザー同士のトラブルを未然に防ぐことにもつながりますからね。

ラクマの購入申請は横取り防止の役割も果たしているということです。

購入申請ありの商品は購入まで時間がかかる

最後にラクマで商品を購入する側の立場でまとめますが、購入申請が必要な商品というのは、購入手続きが可能な状態になるまで少し時間がかかるということを覚えておいてください。

今すぐにほしい場合は「すぐに購入可」と商品ページに記載されているものを選びましょう。

たとえば、有効期限が迫ったポイントを早く消費したい場合は、「すぐに購入可」の商品を購入したほう良いというのは言うまでもないですよね?

ラクマでポイントの有効期限が近づいているお知らせ

購入申請が承認されるのを待っているうちにポイントの有効期限が過ぎてしまうと失効してしまいますからね。

それに対して、価格交渉など出品者さんと購入者さんお互いが合意のうえ、取引したい商品においては「購入申請あり」のほうが向いています。

その時の状況によっても、「すぐに購入可」と「購入申請」が必要な商品のどちらが適しているかは変わるということです。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-購入方法(買い方)