出品方法(売り方)

ラクマでの本人確認のやり方

投稿日:2018年3月25日 更新日:

ラクマでは、会員登録の際のSMS認証などでアカウントと本人の紐付けを行っていますが、それとはまた別に本人確認の続きが必要な場合があります。

本人確認の続きには、運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票などといった書類が必要です。

手続き自体は、本人確認に必要な書類が手元にあればすぐにできます。

そんなわけで今回は、ラクマでの本人確認のやり方・手順について書いていこうと思います。

本人確認の手続きが必要になった方は、参考にしてみてください。

ラクマの本人確認はなぜ必要なのか?

ラクマの本人確認は必須ではありませんが、任意でもありません。

ラクマ事務局から「本人確認が必要です」と言われたら、利用を継続するには応じるしかないということです。

原則としてラクマは会員登録さえすれば、とくに運転免許証や健康保険証などを用意して本人確認しなくても利用可能となっています。

なので、ラクマでは本人確認をしないまま利用しているユーザーさんも実際には多いのですが、高額な商品(50,001円以上)を販売したり、特定の商品を購入する際に特定のエラーメッセージが表示された場合に限り、本人確認の手続きが必要です。

すべてのユーザーさんが対象ではないため、中にはラクマで本人確認が必要なケースもあるということを知らない方もいるかも知れません。

なぜこういった形で本人確認が必要な場合があるのかについては、ラクマ運営からは「利用者保護、また不正利用防止の観点」という言葉しか確認できませんでしたが、この言葉から想定できる理由は以下のようなものです。

  • トラブル防止のために高額商品の出処(出品者)を把握しておく必要性
  • 特定の商品を購入した人の安全性を確保する必要性
  • 不正の疑いがあるアカウント所有者本人を特定する必要性

価格の安い商品であれば、何かトラブルが起きても運営側としても補償しやすいけれど、高額商品となるとそうもいかない…といった感じでしょうか?

これはあくまで憶測に過ぎませんが、そういった事情もあって、50,001円以上の商品を販売する人には本人確認が必要となっていると考えることもできます。

あと、ラクマの公式サイトでは本人確認について以下のように書かれていました。

利用者保護、また不正利用防止の観点から、特定の商品の購入やご利用中に特定のエラーが確認されたお客様につきまして、本人確認を依頼する場合がございます。

※本人確認対象となった理由につきましては、ご案内の際お知らせいたします。

本人確認のお手続きの手順は、50,001円以上のものを販売された際とは異なります。

上記については、私自身こういったエラーが出たこともないため、正直言ってくわしいことはわかりませんが、なぜ本人確認対象となったかは事務局から届くと思われる案内のお知らせで教えてくれるとのことです。

そして、ここで注意すべきことは、本人確認の手続きの手順が50,001円以上の商品を販売した時のやり方とは違うということです。

何が基準で本人確認対象になるのかについてはラクマから公式なアナウンスはありません。

本人確認が必要な理由としては、先ほども触れたラクマが公式に記載している以下の2つの言葉から想像するしかないということです。

ラクマで本人確認対象となる理由

  • 利用者保護
  • 不正利用防止の観点

スポンサーリンク

本人確認の手順

以下の手順は、50,001円以上の商品を販売した際に必要な本人確認の手続きについてです。

  1. マイページから「売上確認・振込申請」を選択
  2. 振込申請(現金で受取)をタップ
  3. 本人確認申請をタップ
  4. 本人確認書類(運転免許証・カード型健康保険証・紙型健康保険証・在留カード・日本国パスポート・住民票)を撮影
  5. 必要事項を入力
  6. 送信
  7. ラクマに登録したメールアドレス宛に「お手続き完了のご案内」が届けばOK

特例的に本人確認対象となった場合は、上記とは手続きも異なりますのでご注意ください。

2018年7月よりラクマの規約が変更されて、初回出品時に本人情報登録が必須となりました。

これまでのように50,001円以上の商品を販売する場合のみではなく、すべての出品者さんが本人情報登録を行う必要があります。

ラクマの本人情報登録必須については下記の記事でくわしく解説しているので参考にしてみてください。

本人情報登録
本人情報登録
ラクマが本人確認必須に!初回出品時に本人情報登録が必要

ラクマが本人確認必須となりました。 ラクマのアプリを起動すると、2018年7月9日にラクマ事務局より「【重要】本人情報登録のお願い」という件名でお知らせが届いていました。 これでラクマもメルカリと同様 ...

続きを見る

本人確認に必要な書類

ラクマで本人確認対象となった場合、以下の書類からいずれかの原本を用意する必要があります。

  • 運転免許証
  • カード型健康保険証
  • 紙型健康保険証
  • 在留カード
  • 日本国パスポート
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 一人親家庭医療受給者証
  • 生活保護受給証明書
  • 高齢者医療受給者証
  • 障害者手帳

スポンサーリンク

運転免許証を撮影する際の注意点

ラクマの本人確認手続きで運転免許証の写真を撮る際には以下の点に注意してください。

  • オモテとウラの両面を撮影すること
  • 変更後の住所が手書きで書かれているものは認められない
  • 公安印が確認できるもののみ有効

健康保険証を撮影する際の注意

以下は、カード型および紙型健康保険証を撮影する際の注意事項です。

  • オモテとウラの両面を撮影すること
  • オモテに住所が印字されていないタイプのカード型健康保険証は、ウラの住所記入欄に手書きで記入
  • カード型健康保険証の住所を変更する場合、旧住所は二本線で訂正
  • 手書きで住所を記入する場合はボールペン等消せない筆記用具を使うこと
  • オモテに住所が印字されているタイプの保険証は手書きでの住所変更は認められない

在留カードで本人確認する際の注意

在留カードで本人確認する場合は以下の点にご注意ください。

  • オモテとウラの両面を撮影すること
  • 変更後の住所が手書きで書かれているものは認められない
  • 公安印が確認できるもののみ有効

日本国パスポートを使用して本人確認手続きする際に気をつけること

ラクマの本人確認手続きに日本国パスポートの画像を使う場合は、以下の点に気をつけましょう。

  • 有効期限内であること
  • 撮影するのは「顔写真入りのページ」と「所持人記入欄」
  • 所持人記入欄はボールペン等、消せない筆記用具で記入すること(えんぴつ不可)
  • 顔写真がハッキリとわかるように撮影すること

住民票で本人確認する場合の注意点

住民票を使ってラクマの本人確認をする場合は、以下の点に注意する必要があります。

  • 3ヶ月以内に発行されたもの
  • 発行日や公印までハッキリと確認できるよう住民票全体を撮影
  • マイナンバーが記載されている住民票は送付しないこと

本人確認が完了するまでの日数

ラクマの本人確認手続きは、確認書類の原本をスマホのカメラで撮って、必要事項を記入したら送信するだけなので、それほど大変な作業ではありません。

手続きを終えたらラクマ事務局から「お手続き完了のご案内」が届くのを待つだけです。

本人確認の手続きが完了するまでの日数については、遅くとも5営業日から最大でも1週間ほどかかると言われています。

その時々の状況によっても本人確認完了までの期間は変わるようなので、一概に何日以内とは言い切れません。

あまりにも本人確認が完了しないようであれば、一度、ラクマ事務局に問い合わせてみることをオススメします。

お問い合わせ
ラクマ運営事務局へのお問い合わせ方法

ラクマを使っていてわからないことや不明な点などが出てきたら、事務局へ問い合わせることができます。 取引中のトラブルや出品の際に気になること、アプリに対する意見・要望などがあれば、まずはヘルプを読んで調 ...

本人確認が完了するまで制限されること

ラクマでは本人確認が完了するまで以下の機能が制限されます。

  • 売上金の受け取り
  • ポイント交換
  • 商品代金を支払う際の売上金の利用

上記の機能が使えなくなると、ラクマの売上金が本人確認完了まで動かせないのでご注意ください。

本人確認によってユーザーが安全に利用できるように

ラクマの本人確認について解説してきましたが、とくに高額商品の取り扱いにおいては、ユーザーさんが安全に利用できるように本人確認が必要なのかも知れません。

もちろん、安価な商品の売買に対しても安全性を追求するべきだとは思いますが、高額商品のほうがリスクは高いので、そちらが優先されるのはある意味仕方ないことかなと…。

また、特例的に本人確認対象となっても、何もやましいことがなければ焦る必要はありません。

ラクマ事務局の指示にしたがって、手続きすれば良いことですからね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

↑SNSで共有・拡散↑

上記の各SNSボタンでこの記事を友達にシェア&拡散!

ブログランキング参加中
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ 

ピックアップ記事とPR

人気の記事

ラクマ(旧フリル)の招待コード【a3g1g】入力で100ポイントGET! 1

ラクマの招待コードについては、2018年2月26日以前の旧フリル時代に一度触れていますが・・・ 今回は、もう少し掘り下げた内容をお届けします。 ※この記事は旧ラクマではなく、2018年2月26日から一 ...

楽天銀行の口座開設 2

楽天銀行といえば、ネット通販サイトの最大手でもある株式会社楽天が提供するネットバンクですよね? 何かしら楽天グループが提供するサービスを利用している人であれば、楽天銀行の口座を持っていると便利だという ...

ポイント 3

インターネットで買い物する人は年々増えていると言われています。 最近では、フリマアプリもそうですが、スマホの普及で誰でもかんたんにほしいものが買える世の中になりましたよね? 楽天市場や楽天ブックス、楽 ...

クレジットカード申し込み 4

楽天カードといえば、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなど…楽天グループのサービスを利用する人であれば、使用頻度が高いクレジットカードのひとつではないでしょうか? 主婦やOL、学生にも人気のクレジッ ...

買い物 5

ラクマを利用するうえで、楽天会員IDを取得しておくと何かと便利だったりします。 また、ラクマの運営会社ファブリックの親会社は楽天ということもあって、楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなどの楽天グルー ...

商品を出品する 6

ラクマの強みといえば、メルカリをはじめとする他のフリマアプリとの大きな違いでもある「販売手数料無料」ですよね? (※2018年6月4日10時以降は販売手数料3.5%に改定) メルカリの販売手数料は商品 ...

お金 7

ラクマでは、購入した商品の代金を支払う際に複数の支払い方法が選択できるようになっています。 それぞれの支払い方法には、商品代金とは別に決済手数料が100円ほど発生するものもあるので注意が必要です。 ラ ...

登録 8

ラクマは誰でもスマホがあれば無料で利用できますが、商品の購入・出品の際には会員登録が必要となります。 今回は、ラクマのいくつか用意されている無料登録のやり方について触れておこうと思います。 ラクマをは ...

スマホ女子 9

楽天の子会社ファブリックが運営するフリマアプリ「ラクマ」ですが、iOSおよびandroidが搭載されたスマートフォンがあれば、誰でもかんたんにダウンロード&インストールして利用可能です。 類似したサー ...

商品の購入方法(買い方) 10

ラクマはフリーマケットのアプリ版ということもあって、スマホひとつで誰でも比較的かんたんに買い物ができてしまいます。 そこには、フリマならではの値下げ交渉や出品者さんとのコメントでやり取りなど、楽天市場 ...

-出品方法(売り方)

Copyright© ラクマ+フリル=新ラクマ? , 2018 All Rights Reserved.