<PR>記事中に広告を含む場合がございます 購入方法(買い方)

ラクマで購入者がキャンセルする方法を徹底解説!

ラクマでの取引数が増えてくると、いろいろな問題に直面することがありますよね?

とくにラクマで商品を購入する場合、予定通りに発送されなかったり、説明文と違うものが届いたりするとテンションは一気に急降下します。

ラクマを含むフリマアプリでよくあることですが、相手の都合に振り回されて、取引がなかなか進まないとキャンセルしたくなる気持ちも理解はできますけどね。

…ということで、今回は自分が購入者の場合、ラクマでの取引をキャンセルする方法についてお届けします。

もしかしたら一度購入した商品をキャンセルすることで、出品者さんとのトラブル、評価やペナルティなどが心配なユーザーさんも中にはいたりするかも知れませんが、この記事を最後まで読んでいただけば、そういった問題も解消されるでしょう!

ラクマでは原則として購入した商品のキャンセルはできない?

できません!

原則としてラクマでは、一度購入した商品のキャンセルはできません。

購入申請後、翌日23時59分までに出品者さんが購入申請を承認しなかった場合、自動キャンセルになることはありますけどね。

イライラする
ラクマで購入申請が承認されない時はどうする?

ラクマでは「商品があったので購入申請したんだけど、全然、承認されない…」といったことがたまに起こります。 出品者さん側には、出品中の商品に購入申請が入ると通知が届くようになっているんですけどね…(通知 ...

しかし、出品者さんの合意を得たうえでアプリ内の問い合わせフォームからラクマ事務局に連絡して、キャンセル申請をすれば取引キャンセルは可能です。

取引をキャンセルする際には、気をつけないといけないこともあったりするんですけどね…。

スポンサーリンク

取引キャンセルの注意点

ラクマで購入者さん側が取引をキャンセルするうえで注意することは以下のとおりです。

取引キャンセルの注意点

  • すでに完了している取引はキャンセルできない
  • 支払いをせずに自動キャンセルをくり返していると利用制限やアカウント停止のリスクもある
  • 悪意のあるキャンセルはアカウント停止および強制退会の危険もある

上記で挙げたとおり、購入者さんと出品者さんがお互いに評価を完了している商品については、すでに取引が完了しているためキャンセルはできません。

また、ラクマでは購入申請が承認されて、お支払い期限までに商品代金を支払わないと自動キャンセルになりますが、この場合、出品者さんのみが購入者さんを評価することが可能です。

当然、購入申請しておいて期日までに支払いをしない購入者さんには悪い評価がつく可能性が高いのでご注意ください。

さらにラクマの規約によると、故意にキャンセルが多いと退会処分になることもあるそうです。

要は購入者さん側も一度購入した商品にはきちんと責任を持ちましょうということですね?

キャンセル申請ができる5つのケース

ラクマで取引をキャンセルする際、主に以下の5つのケースが挙げられます。

取引キャンセルが可能なケース

  • 購入申請中の商品
  • 代金支払い前の商品
  • 購入したけどまだ発送されていない(発送待ち)商品
  • 何かしら問題のある商品
  • 購入した商品が届かない

ではひとつずつ解説していきましょう。

購入申請中の商品はキャンセルできる

購入申請ありの商品に購入申請をしていて、まだ承認されていない場合は、商品ページのコメント欄から出品者さんに「申請をキャンセルしたいので承認しないでほしい」と伝えましょう。

出品者さん側が購入申請日の翌日23時59分まで申請を承認しなければ、自動キャンセルとなります。

ただし、ここで注意していただきたいのは、一度、購入申請しておいてそれを取り消したいというのは、出品者さんの立場で考えれば、購入意思がないのに購入申請したきた迷惑なユーザーだと思われてしまう可能性もあるということです。

場合によっては「今後この人とは二度と取引したくない!」という理由で出品者さんからブロックされてしまうかも知れません。

当然、人間なので誰でも間違いはありますが、購入申請中の商品をキャンセルする場合は、マナーとしてコメント欄できちんと謝罪しましょう。

まだ支払いが完了していない商品をキャンセルするには?

ラクマで購入申請が承認されて代金の支払いが可能な状態の商品(支払い前の商品)をキャンセルする場合は、注意が必要です。

先ほども触れたとおり、ラクマでは支払いをしないまま期限を過ぎると、その取引は自動キャンセルとなります。

購入者さん側が支払いをせずに自動キャンセルとなった場合は、出品者さんのみが評価をつけることができるため、支払いをしなかった出品者さんは悪い評価をつけられる可能性が高いです。

この場合、出品者さんにとっては、購入した商品の代金を支払わずに逃げたと思われても仕方ないですからね…。

なので、購入申請が承認された商品をキャンセルしたい場合は、事前にきちんと出品者さんに支払いをせずにキャンセルすることになった事情を説明して利用してもらえるように努力しましょう。

無言で自動キャンセルになるまで待つというのは避けたほうが良いですね。

当然ですが、購入者さん側の都合によって支払いをしないまま自動キャンセル…というのは、出品者さんにとっては迷惑な話なのでコメント等できちんと謝罪しましょう。

また、支払いをせずに自動キャンセルをくり返していると、ラクマ事務局によって故意にキャンセルをする悪質なユーザーだと判断されて、アカウント停止などのペナルティを課せられる危険もあるので気をつけてください。

スポンサーリンク

発送待ちの商品をキャンセルしたい

支払いも完了してあとは発送を待つだけの商品をキャンセルしたい場合、まず出品者さんには取引メッセージで事情を説明して、キャンセルに合意してもらいましょう。

同時に商品の発送は行わないようにお願いする必要があります。

そして、出品者さん側が取引キャンセルに合意したら、ラクマ事務局に問い合わせてキャンセル申請してください。

キャンセル申請の手順は以下のとおりです。

ラクマ事務局に取引キャンセルの申請を行う手順

  1. 出品者さんに連絡して事情を説明する
  2. 出品者さんに取引キャンセルに合意してもらう
  3. マイページからラクマ事務局にお問い合わせ
  4. お問い合わせページから「取引について」を選択
  5. お問い合わせフォームに必要項目を入力して送信
  6. ラクマ事務局からの返信を待つ

より具体的な手順については以下の記事を参考にしてください。

また、購入手続き後、いつまで経っても商品が発送されないときの対処法については、以下の記事に書いてあるとおりです。

キャンセル
ラクマで購入した商品が発送されない時の対処法

ラクマで購入した商品が発送期限を過ぎても一向に発送されず、出品者さんとも連絡が取れない…なんてことが起こったら困ってしまいますよね? こういったことがラクマに限らず、実はフリマアプリでは度々あったりす ...

届いた商品に問題があったときのキャンセル方法

ラクマでは購入した商品に何かしら問題があった場合、取引のキャンセルが可能です。

受け取った商品に問題があった場合は、絶対に受取確認と評価はしないでください。

受取評価をしてしまうと取引キャンセルが難しくなります。

取引キャンセル対象となり得る場合

  • 商品の破損
  • ニセモノが届いた
  • 説明を違う商品が届いた

ラクマで買った商品が壊れていた場合

ラクマに限らず、フリマアプリやオークション、ネット通販などでは購入した商品が配送中に破損してしまう事故がごくまれに起こります。

中には出品者さん側の確認ミスで商品に不具合があったりすることもあったりします。

もしラクマで購入した商品が壊れていた場合は、以下の記事で返品・返金のやり方などについてくわしく解説しているので参考にしてみてください。

商品が破損していた
ラクマで購入した商品が壊れていた時はキャンセルできる?

ラクマのルールでは、原則として一度購入した商品の返品は認められていないことになっていますが、受け取った商品が破損していた場合はキャンセルが可能です。 やはりコワレモノの商品などは、商品発送時には何の問 ...

ラクマで購入した商品が偽物だった場合

主にブランド品などに多いと言われている贋物ですが、もしラクマでニセモノを掴まされてしまった場合は、当然、取引キャンセルが可能です。

ラクマで購入した商品がニセモノだった場合の対処法については以下の記事でくわしく触れています。

ニセモノのブランド品
ラクマで商品を購入したら偽物だった時の対処法

これはラクマに限った話ではありませんが、以前からフリマアプリやオークションサイトに出品される偽造品、もしくはコピー品といったいわゆる偽物については度々、世間でも話題になることがあります。 実際に本物だ ...

説明とは違う商品が届いた?

ある程度、ラクマを利用していて購入件数も増えてくると、たまに購入した商品と違うものが届いたりすることがあります。

たとえば、洋服を購入したら商品ページの画像と色違いのものが送られてきたり…といった感じですね。

また、出品者さん側のミスで他の人に発送するはずの商品が間違って送られてくるなんてことも…。

当然ですが、このような場合も取引キャンセルは可能です。

明らかに商品ページの説明とは違う商品ですからね。

しかし、説明とは違う商品とは言っても、使用感や細かい状態などについては出品する側と購入する側での主観が異なる場合も多いため、キャンセルが難しい場合もあります。

ラクマで取引キャンセルを申請する際には、出品者さんの同意を得る必要があるので、お互いの主観の部分がキャンセル理由となると意見が対立する可能性もあるということです。

出品者さん側のミスが原因で説明とは違う商品が届いた場合は、当然ですが責任は出品者さん側にありますよね?

なので、この場合は取引キャンセルの同意を得やすいわけです。

しかし、出品者さん側の主観と購入者さん側の主観部分がキャンセルの理由となると、それぞれの価値観の違いもあるので、相手を納得させるのが困難な場合もあるという…。

話し合いで円満にキャンセル申請ができる状態かどうかをあらかじめ見極める必要がありますね。

スポンサーリンク

キャンセル後の評価やペナルティは?

ラクマでの取引がキャンセルとなった場合、原則として出品者さんも購入者さんも評価をつけることはできません。

なので、キャンセルによって悪い評価がつく心配は不要です。

…と言いたいところなんですが、ひとつだけ例外を挙げるとしたら、先ほども触れたとおり、支払いをせずに自動キャンセルとなった場合ですね。

ラクマでは、支払いをせずに自動キャンセルとなった取引においては、出品者さんのみ一方的に購入者さんを評価できます。この場合、購入者さんは出品者さんを評価できません。

重要なので何度もくり返しますが、支払いをしないというのは出品者さんにとっては迷惑行為なので、この場合は悪い評価をつけられる可能性もあるということです。

支払いをせずに自動キャンセルするケース以外でしたら、取引キャンセルによって悪い評価を受ける心配はほぼありません。

ペナルティに関しても、故意に自動キャンセルをくり返したりしない限りは発生しないと考えて良いでしょう。

なお、ラクマのペナルティについては以下の記事を参考にしてみてください。

ペナルティ
ラクマで機能制限・利用停止などのペナルティを受けるとどうなる?

ラクマで規約違反が発覚した場合、事務局の判断によって一部の機能制限や利用停止といったペナルティを課せられることがあります。 普通に利用していれば、まずペナルティを受けるようなことはないとは思いますが、 ...

返品・返金の注意点

ラクマでは、商品を受け取ったあとで取引をキャンセルする場合、商品を出品者さんに返品する必要があります。

その際に発生する返送料を購入者さんと出品者さんのどちらが負担するかについては、双方の話し合いで決めます。

返送料の負担などの話し合いは取引メッセージを介して行ってください。

返送料の負担については、商品自体に問題があった場合は出品者さんが負担、購入者さんの都合による返品は購入者さんが負担という条件が一般的です。

感情的にならず、事実関係に照らし合わせて冷静に話し合いをしましょう。

返金は支払い方法によって違う

無事に取引キャンセルが成立したら、商品購入時に支払った代金が返金されます。

返金方法は、商品購入時に選択した支払い方法によって異なるのでご注意ください。

では、取引キャンセル後の返金方法についてかんたんに説明します。

コンビニ/ATM支払いを選択した場合の返金

コンビニ/ATM支払いの場合は銀行振り込みにて返金されます。

ひとつの取引に対して毎回、返金先の口座情報の確認が必要です。

クレジットカード払いの返金

商品購入時にクレジットカード決済した商品の返金については、決済情報の取り消しにて行われます。

タイミング的にすでに請求が確定していることもありますが、その場合はカード会社から代金が相殺されるとのことです。

くわしくはクレジットカードの明細をご確認ください。

携帯電話のキャリア決済を選択した場合の返金

キャリア決済を選択した場合、返金が成立したら決済情報が取り消されます。

この場合も、クレジットカード払いと同様、タイミングによっては請求が確定しているため、取り消しができないケースがあります。

もし決済情報の取り消しができない場合は、運営より別途返金方法の案内があるとのことです。

ポイント払いの返金

ポイント払いの場合は、取引キャンセルが成立してから翌営業日中にポイントで返還されます。

返還されたポイントの有効期限は、返還された日から6ヶ月となっているのでご注意ください。

売上金払いの返金

売上金から支払いを行った場合は、ポイント払いと同様に取引キャンセル成立から翌営業日中に売上金で返還されます。

返金後は売上金の残高を確認しましょう。

自動キャンセル以外はラクマ事務局に問い合わせ

長々とラクマでの購入キャンセルについて解説してきましたが、要点をまとめるとラクマのキャンセルには以下の2つのパターンがあって、基本的に自動キャンセル以外は出品者さんの合意を得て、事務局に問い合わせるという手順で行います。

ラクマの購入キャンセル

  • 自動キャンセル
    → 購入申請・支払い前
  • キャンセル申請
    → 商品発送待ち・受け取った商品に問題があった場合など

ラクマ事務局へのキャンセル申請は以下の手順で行うことができます。

ラクマの購入キャンセル申請の手順

  1. 出品者さんに取引メッセージで事情説明
  2. 出品者さんに取引キャンセルの合意を得る
  3. マイページを開いて「ヘルプ・その他」をタップ
  4. 「ヘルプ・その他」のページが開いたら「お問い合わせ」をタップ
  5. 「お問い合わせ」のページが開いたら「お問い合わせ」の項目をタップ
  6. 「お問い合わせ内容」のページが開いたら「取引について」をタップ
  7. 「取引について」のページが開いたら「お問い合わせはこちら」をタップ
  8. 表示された画面の指示にしたがって、以下の項目を入力
    ・オーダーID
    ・商品名
    ・お問い合わせ内容の詳細
    ・お問い合わせコード
  9. 内容を確認したら送信
  10. ラクマ事務局からの返信を待つ
lucky
以上、購入者さんがラクマでの取引をキャンセルする方法についてお届けしました。

↑SNSで共有・拡散↑

スポンサーリンク

-購入方法(買い方)
-